読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

世間・社会

GWでも、働き続けている人たちはいる。

今日、外出をして車で走っていたら、水田で作業をしているのを見かけた。毎年、GWの時期に車を走らせていると、どこかで農作業をしている光景を見かけることが多い。その光景に、僕はいつも考えさせられてしまう。GWという休みが続く時期だからこそ農作業を…

年を取っても、丁寧な応対ができる人になりたい。

先日、昼食を買いに惣菜屋に行った。買うものを手に取って、レジを待つ列に並んだ。その時、僕の前には年配の男性がいた。レジが年配の男性の番になって、そのやりとりの中で店員さんが「袋はどうしますか」と、その男性に聞いた。そうしたら、男性は「お願…

去り際の良さは、その人を幸せにさせる。

プロ野球のレギュラーシーズンも終盤を迎え、選手の去就についてのニュースも多くなってきた。そんな中、NHKBS1で中継していたドラゴンズ対ジャイアンツ戦を観ていたら、この試合をもって引退するドラゴンズの朝倉健太投手のインタビューとドラゴンズの選手…

セルフレジを利用して感じること

僕は飲み物を買う時、近くのスーパーをよく使う。そのスーパーではセルフレジを利用することが多い。理由としては、買う量が少ないことや普通のレジよりも待ち時間がかからないことだ。また、自分でバーコードをスキャンしたり買った商品を自分で袋に入れた…

フロントや社長を、スケープゴートにしない。

先日、NHKBS1でJ1浦和ー名古屋戦を見ていた時のことだ。試合終了後、浦和の社長が挨拶をした際、サポーターがブーイングしている光景をみた。もちろん、浦和は優勝を逃してしまったのでブーイングされるのも致し方ないと思う。その反面、こうした光景を見て…

芸能人だからといって

ここ最近、自分が撮影されることについて一部の芸能人が発言している。僕は芸能人だからといって好き勝手に撮影するべきではないと思っているから、撮影するには節度をわきまえてと発言している芸能人の意見を支持してしまう。むしろ、自分が不快なことは不…

ワールドカップに出場するということ

今週のお題「サッカー」今から4年前、南アフリカW杯が開幕する前、父親とこんな会話になった。 父:「もうすぐワールドカップ始まるんだよな?」僕:「そうだね。もうそろそろだよ。」父:「そうか。今回は日本も出るけど、それってすごいことだよな。」 僕…

レシートのお返し?

「レシートのお返しです」 お店の会計でちょうどの金額を払った場合、こういった言葉を言われてレシートを渡される時がよくある。僕はその言葉を聞く度に「こっちはレシートを渡していないのになぜお返しなんだ?言ってて不思議に思わないのかな?」といつも…

今が「どうしようもない世の中」であったとしても

よく「今はどうしようもない世の中だ」という言葉や文章を見たり聞いたりする。それを見たり聞いたりすると、僕は気分が悪くなる。なぜなら、今は全ての面が悪いとは思わず、少なからずいい面も存在していると実感しているからだ。 果たして今は本当にどうし…

「ゆとり世代」なんて言葉は口にしたくない

僕は「ゆとり世代」という言葉が嫌いだ。文字を見ただけでもイライラしてくる。どうも彼らを見下したような表現に嫌気がさしてしまう。 自分と世代が違えば、良くも悪くも自分と考えが違ってくる。でも皆が皆「ゆとり世代」の気質を持っているわけではない。…

「ごちそうさま」と「ありがとう」

お店で食事をしていると、会計の際に「ごちそうさま」と一言添える人がいる。レジで順番待ちをしていると、会計を終えたお客さんの「ありがとう」の声が聞こえてくることがある。いずれもとても心が洗われる光景だ。 では店員さんの視点に変えてみるとどうか…