読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

今いる場所から離れて、気分転換を図る。

僕は、1日のうちどこかで外出することが多い。外出するといっても、買い物のような明確な目的を持ったことよりも気分転換が目的になっていることが多い。最近は車で20分くらいの距離にある公園へよく行く。この公園では1周1kmほどのウォーキングコースがある。そこで2周ウォーキングして、最後に鉄棒に10秒ほどぶら下がる。そして、家に戻ってくると、出かける前よりも調子がいいように感じることが多い。

 

そうやって調子が良くなることが実感しやすくなると、自然と続けられてしまうものだ。最近では土日のいずれかにその公園に行っている。行く日はたいてい1日中家にいた時だ。というのも、1日中家にいると、生活がだらけてしまいやすいからだ。そして、一旦気持ちがだらけてしまうと何かをやろうとする気持ちが失せてしまうだけでなく、気持ちどこかスッキリしない。

 

一旦調子が悪くなってしまうと、今いる場所で立て直すことは難しくなってしまいやすい。下手をすると、そのままどっぷり浸かってしまうことにもなりかねない。だから、今の環境で立て直すことが難しいと感じたら、今いる環境から抜け出すことが必要になってくると思う。そうやって環境を変えて気分転換をすることで、状況を立て直しやすくなる状態にすることが大切だと感じる。

 

そのためには、このままでは進展するのは難しいなと感じたらその状況から一旦離れることが大切だと思う。もしこのままでは進展しないと感じたら、環境を少しでも変えるべきだというメッセージと捉えたほうがいいのかもしれない。それを無視して同じ環境でやり続けたとしても、いい結果は望めないことのほうが多いような気がする。同じことをやり続けていたら、結果も同じになってしまいやすいのかもしれない。

 

それでも、環境を無理して大きく変える必要はないと思う。大きく変えることはその分エネルギーを使うことにもなってしまうからだ。むしろ、気軽に少し何かを変えてみるぐらいでもいいのかもしれない。それまでいた場所から大きく離れずに少し離れただけでも気分はかなり違ってくると思う。そして、少し離れるだけでいいと感じることができれば、行き詰まった時にうまく気分転換ができるようになれる気がする。