読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

着る時間を増やして、服を体になじませる。

季節の変わり目というのは、新しい服を買うきっかけになることが多い。そういうこともあって、ボタンシャツを1着とアウター1着、それにTシャツを2着を少し前に買った。これらの服は外出用として使うつもりでいる。そのため、もし外出する機会が少なければ、それだけ着用することも少なくなってしまう可能性もある。そうなると、これらの服が「たんすの肥やし」にもなる恐れがあるのだ。

 

このような外出用の服というのは、買った直後は着ることは多い。しかし、そこで見た目や着心地がしっくりこなかった服というのは、外出する機会があっても着ることはほとんど無くなっていった。今までを振り返ってみると、そうやって「たんすの肥やし」になってしまった服はいくつもあった。そのため、たんすの中は頻繁に着るものとほとんど着ないものに分かれてしまっていた。

 

そんな「たんすの肥やし」になった服でも着る機会はあった。それは、着ていく服がなかなか決まらなかった時だ。でも、普段着ていないために、着た感触が違和感があったりだけでなく、鏡を見てもどこかよそよそしいように見えたりしていた。そして、自分がそうやって違和感があったということは、会った相手も、僕の姿を見てよそよそしさや違和感を持ってしまったかもしれない。

 

そうやって服を活用できないことが多かったから、次第に服を買うことに消極的になっていった。でも、服を着こなせないこと対して悩んでいるうちに、単に買った服が体に慣れていないだけかもしれないと思うようになった。だから、少しの時間でもいいから着る回数を増やすことで、服を体になじませることが必要なのかもしれない。そうやって体が服に慣れれば、感触や見た目の違和感も無くなるような気がするのだ。

 

特に、今までにない視点で買ったような場合は大切だと思う。そういう服というのは、1回着ただけで慣れることはそう多くない。だからこそ、何回も着ることで新しいパターンを体になじませることが大切かもしれない。そうすることによって、服のバリエーションを増やすことができるだけでなく、似たような感じの服ばかり買ってしまうことも防げるのではないかと思う。

 

今回買ったボタンシャツも、1回目に着た時は感触も見た目も違和感はあった。でも、意識的に着る回数を増やしてみたら、2回3回と着ていくうちに違和感は無くなっていった。だから、新しい服を買った時には、体を服になじませる時間が必要なのかもしれない。そうすることで着る頻度の高い服が多く占めるようになることで、たんすの肥やしになる服も減っていくと思うのだ。