読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

「言いたいことを書く」ということを、大切にする。

ブログで新しい記事を投稿した瞬間というのは、僕にとっては本当に嬉しいものだ。自分が言ってみたかったことを書くこと」は、やっぱり気持ちがいい。記事を書いている時にうまく言葉が出てこ悩んでしまっても、「公開する」をクリックすれば記事を投稿したという達成感と満足感で心はいっぱいになってしまう。

 

この「自分が言いたかったことを記事として投稿できた嬉しさ」があったことが、はてなブログを1年以上続けることができた理由の一つだと思う。逆に言えば、投稿した時にそのような達成感や満足感を感じなかったら、今まで続けていなかっただろう。自分が思ったり感じたりしたことを文章にまとめて、一つの記事として投稿する。それが僕にとっては大事なことだと思っている。でも、最近はその気持ちが薄れていたと思う。

 

そんな折に、ブログアクセスに関するエントリ読む機会があった。そして、それらのエントリを読んでいるうちに違和感を感じてしまった。何だか周囲の動向ばかりを追いかけすぎていて、自分のことががおろそかになっているように感じたからだ。自分が何を書きたいかより、何をすればみんなに読んでもらえるのか。そんな話ばかりで正直うんざりしてしまった。はっきり言ってそんな感じで書かれたエントリは読みたくないし、僕もそんな感じで記事を書きたくもない。

 

そんなこともあって、「自分が言いたいことを記事に投稿すること」を改めて大切にしたいと思った。周りを気にしすぎてもキリがないし、自分をすり減らしてしまうだけだ。それよりも、そのエネルギーを自分が納得できる記事を書くことのほうに使った方がいいと思う。もし、自分の本意でないもので評価されても、心の底からは喜べないような気がする。だからこそ、心から満足するためにも、自分の意思で何かを成し遂げることが大切だと思うのだ。