読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

ブログ開設から2年を迎えて

はてな」でブログを開設して、今日でちょうど2年になった。1周年の時もそうだったけど、ブログを開設した日というのは何か特別な日に感じてしまう。2年前に開設した時には、こうして2年も続けていることが全く想像できなかった。しかも更新を続けたまま無事に2周年を迎えることができたのだから、本当に嬉しい。

 

この2年間を振り返ってみると、自分が前々から思っていたことを1年目は多く書いていたと思う。それによって自分の内にあったものが出し切れたのか、2年目は何かを通して思ったことを多く書くようになった気がする。僕としては、2年間同じようにやってきたつもりだった。でも、長い時間の中ではやっぱり変化はしていたのだと思う。おそらく、そう感じることができるのも、継続することができたからなのかもしれない。

 

ただ、1年目よりは更新はペースが落ちてしまった。その原因の一つにはテーマを絞りすぎていたことがあったと思う。そしてもう一つは、よりいい記事を書こうとするあまり、知らず知らずのうちにボーダーラインを上げすぎていたと思う。この2年間でいろいろなことが見えるようになったことで要領がつかめた反面、必要以上のことも考えるようになったのかもしれない。

 

それでも、記事が更新できた時の嬉しさは2年経っても変わらない。それがあったからこそ、こうして2年間継続することができたと思う。逆に言えば、もしその喜びを味わえなくなってしまったら、ブログを継続することは難しくなるのかもしれない。だからこそ、記事が更新できた時に嬉しさを感じられるように、これからもブログを続けていきたいと改めて感じている。

 

そして、この2年間、このブログを訪れてくれた皆様に改めて感謝申し上げます。特に、はてなスター・ブックマークをつけてくれたことや、ブログの言及およびコメントをいただいたことはとても励みになりました。こうして訪れてくれた皆様の存在があったからこそ、2年間続することができたと思っています。これからも当ブログを改めてよろしくお願いします。