読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

芸能人だからといって

ここ最近、自分が撮影されることについて一部の芸能人が発言している。僕は芸能人だからといって好き勝手に撮影するべきではないと思っているから、撮影するには節度をわきまえてと発言している芸能人の意見を支持してしまう。むしろ、自分が不快なことは不快だと言うことでしっかり自分を守ろうとするからこそ、その人たちは一流になっているのだなとさえ思ってしまう。

 

確かにそうやって好き勝手に撮影されてしまうことは、芸能人の宿命なのかもしれない。でも、いくら応援しているからとか好きだからといって、相手の状況を無視してまで好き勝手に撮影してもいいものなのか。やっぱり一般人と同じように芸能人の状況を尊重して撮影するべきではないかと思う。それを、相手が芸能人だから許されるなんて考えているなら、それは非常に傲慢な考えではないかと僕は思う。

 

結局のところ、好き勝手に芸能人を撮影してしまう人間というのは、本当にその芸能人が好きだったり応援したかったりするのではなく、ただ自分のステータスを上げたいだけのではないか。どこかで自分に引け目を感じているから、芸能人を引き合いにして自分を保ちたいだけのような気がしてしまうのだ。そして、そういう人間ほど芸能人を近くで見たことをやたらと自慢したがる。しかし、その話を聞いていて面白いと感じることはほとんど無いだけでなく、往々にしてその人たち自体が面白くないと感じてしまうことが多い。

 

だから、芸能人側がそうやって声をあげることはいいことだと思うし、もっと声をあげてもいいと思う。そうしないと、心ない人がどんどんつけあがってしまうと考えているからだ。応援していることを口実にして、相手の状況を考えないような勝手な行動を許すべきではない。多くの芸能人が応援してくれる人を大切にしてくれるように、応援する側も芸能人のことを大切にすることが必要だと思うのだ。