読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

簡潔にまとめられたブログから感じること

いろいろなブログを読んでいると、全体の長さもがそれほどでもなく難しい言葉もあまり使われていないようなブログを読む機会がある。このように簡潔にまとめられているブログが僕は好きだ。文章の量がそんなに多くないから、読んでも時間がかからなくて疲れを感じることもない。さらに、時間をかけてじっくりと読み返すことで内容を吟味することもできることがまたいいのだ。

 

こうした簡潔にまとめられたブログを読んでいると、その内容に共感してしまうことが多い。おそらく解りやすい表現になっているから説得力があるのだろう。何というか書いた人の言いたかったことがスッと自分の中に入ってくる感じだ。さらに簡潔にまとめられたブログには前向きな内容なものが多いので、読んだ後には読後感の良さだけで無くエネルギーまでもらっているような感覚になる。

 

おそらく、簡潔にまとめられたブログを書いている人は言いたいことが明確になっているに違いない。言いたいことが明確になっているから余計な説明をする必要が無くなるのだと思う。だから不必要な言葉を使うこと無く最低限の言葉だけで表現できることになって文章を簡潔にまとめることができるのだろう。

 

そうなるとこれも一つの能力ではないだろうか。言いたいことを簡潔にまとめて相手に伝えてわかってもらうということは、実際にやってみるとなかなか難しい。難しいから多くの人が悩んでしまうのだと思う。だから簡潔にまとめられたブログを読む度に、僕は書いている人は本当に頭がいい人なのだろうと感じてしまう。

 

そう考えると、やっぱりブログにはその人のごまかせない知性が表われてしまうものかもしれない。自分の顔が見えないからといってごまかそうとしても、結局は全体の長さや文章の表現といったところに、その人の素性が良くも悪くも出てしまうのではないだろうか。つまり僕が簡潔にまとめられたブログに惹きつけられるということは、書いた人の知性だけでなく書いた人そのものにも惹きつけられているのだと思う。