読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

肩の力をうまく抜いて文章を書きたい

他の方のエントリを読んでいると、とても分かりやすい言葉で綴られているエントリを目にすることがある。そのため、内容がスッと入っていくような感じになり、読んでいてとても気持ちがいい。そしてエントリを読みながら、自分もこういう感じで書きたいなという気持ちになる。

おそらく、読みやすくて分かりやすいエントリを書いている人は、いい具合に肩の力が抜けている状態でエントリを書いているのだと思う。変に力みが無くサラッとした感じで書けているような気がする。だから無理が無く分かりやすい表現ができるのだろう。

はてなブログを始めて半年ほど経つが、僕はこれまで、どこか肩の力が入った状態でエントリを書いていたような感じがする。おそらく、そうなっていたのは「いい事を書こう」とか「いい表現をしよう」という気持ちが無意識のうちに強くなりすぎていたのかもしれない。やっぱり、どこかいいように見られたい願望が根強かったのだろう。

でも、そういった気持ちに違和感を抱いているということは、心の中では「できるものなら自分を無理せず肩の力を抜いて生きていきたい」という思いが芽生え始めてきたのだろう。だから、肩の力がうまく抜けているような文章や人に惹かれているのだと思う。

肩の力が抜けた文章を書くのは、技術だけの問題ではないと僕は思っている。小手先の技術では本当に肩の力をうまく抜くことはできないし、見抜かれる人には見抜かれるような気がする。だからこそ普段の生活から、自分を必要以上に良く見せようとしないように心がけることが大切だと思う。