読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

ブログは自己満足でもいい。

今回は、id:xKxAxKxさんのブログは自己満足でいいと思うんすよ を読んで、いろいろと感じたことがあったので書いてみることにする。

ということで、まずは記事から印象に残った部分を引用してみることにする。

ブログって誰かのために書くんじゃなくて、あくまで自分のために書いている人が多いのでは?
ブログは自慰行為であって、自己満足でしかないとは言われる。
俺もそうだと思う。
書く事によって、自分がどれだけ満足するかがスタート地点じゃないかなあ。

僕もブログは自己満足でもいいと思っている。むしろ自己満足することがまず大事だと思うくらいだ。果たして自分が納得できない文章を書いて満足できない状態でブログをやっていたって面白いだろうか?果たしてそれでブログを続けられるのだろうか?答えはもちろんNOだと思う。自己満足できるからブログは面白くなるのだろうし、面白いから続けられるのだろうと思う。僕が自己満足することがまず大事だと思うのはそのためだ。

そうなると「自己満足でいいなら別にブログとして公開する必要はないんじゃないか?それなら自分のパソコンに保存すれば十分ではないのか?」という疑問が生じてくる。でも自分としては思うのだ。ブログとして公開するからこそ自己満足が大事になってくるのだと。

確かに読み手側の顔色を伺ってウケのいいことを書けば、一見それなりのアクセスを望めるだろう。しかし読み手の顔色を伺い続けていれば、遅かれ早かれ、自己満足とは程遠い自分の本意ではないことを書く事態に出くわすだろう。そしてもし本意ではない文章を書いたのなら、それを見抜かれないようにすることも必要になってくる。果たしてそんな状態でブログをやっていても面白いだろうか?本当に満足できるのだろうか?

再び、記事から印象に残った部分を引用してみる。

他人の目を気にして、他人に価値を与えるために書かれたような文章にはこれっぽっちも魅力を感じない。
率直に自分勝手で自己満足で書かれている文章のほうが面白いし、発見があるし、読んでて楽しい。 

このように書き手の状態というのは読む人が読んだら簡単に見抜かれてしまうものなのだ。読み手が楽しい・面白いと感じる文章にはやっぱり、書き手の自己満足が存在しているのだ。だからこそ、これからも自己満足を大事にしてブログを続けていきたいと思うのだ。