読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

2016年を振り返る。

2016年もあと2日になった。今年は仕事をする場所が見つかったこともあって、ここ数年で一番落ち着いて年を越せそうだ。それまでは「来年はどうしようか」という不安を抱えながら年末年始を迎えていた。だからこそ、今は心の落ち着きを感じやすいのかもしれない。そして、変にはしゃぐことなく静かに年を越してみるのも面白いかもしれない、とも今は感じている。

 

自分にとって2016年は、「働き先がようやく見つかった」の言葉に尽きるような感じがする。それくらい、働き先が見つかったことは大きな出来事だった。実は、少なくともここ4~5年はこれからどうやって働いていけばいいのか迷いつづけていた。そして、それに対する一つの答えが見つかったのが今年だった気がする。だから、自分にとって大きな出来事だったと感じているのかもしれない。

 

そして、働くことで気持ちが安定していった反面、エントリの更新ペースは落ちていった。秋ぐらいまでは週1回ペースで行けたものの、1週間まるまる休んでしまったら更新したい気持ちも落ちてしまった。もしかしたら、働き始めたことで気持ちが安定したせいか、思ったことを表現したい気持ちがなくなったしまったのかもしれない。同時に、他の人のエントリも読むことが少なくなったことも影響しているような気がする。

 

それでも、このままエントリの更新をやめたくないとも思っていた。せっかく3年も続けてきたのに、ここでやめてしまったらもったいないという思いもあった。また、こうして全てが自分の思う通りに表現できる場所を失ってしまうことも嫌だった。そうした思いがあったから、1ヶ月近くのブランクがあってもエントリを更新できたし、こうして年末にエントリを更新できているのだと思う。

 

最後に、2016年にこのブログを訪れてくれた皆様に感謝します。エントリを読んでくれて、スターやブックマークをつけていだたいたことも、ブログを続けようとした後押しにもなりました。ここ数年より更新は減ってしまいましたが、それでもアクセスしてくれた方がいたことはとても励みになりました。2017もまたよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。