読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

夏の暑さで、些細なことでも苛立ちやすくなる。

8月に入って暑い日が続くようになった。そして、暑い日が続くようになったと同時に、些細なことでもイライラするようになってきた。他の人の車の運転やテレビから流れるニュースや天気予報の言い回しに腹を立てたり、あるいは自分にとって思うようにいかなかったりした時にイライラすることが多いように感じる。そして、夏になると些細なことに苛立つようになることを2年前の夏から感じるようになってきた。

 

もしかしたら、夏は気温の高さだけでなく湿度の高さも加わるから、それだけ体が不快を感じやすくなるのかもしれない。だから、他の季節だったら何でもないことでも腹を立ててしまいやすいくなってしまうのだろう。そう考えると、夏の暑さというのは体だけでなく精神状態にもこたえるものかもしれない。だから、暑い時期に苛立ちやすいのは自分に問題があるとは必ずしも言えないような気がする。

 

でも、これが自分だけに起こるものではないような気がする。というのも、僕が建設現場に携わる仕事をしていたころ、真夏の現場に行くと作業をしていた人が些細なことで怒っている光景をよく見た。特に朝から午前中にかけてはそれが顕著だった。夕方になって気温が下がってくると、怒っている光景を見ることはほとんど無かった。もちろん、その理由はその日の仕事にメドがついただけではないと思う。

 

だから、夏の暑さは自分だけでなく他人も神経質にさせやすいことを念頭に置いて行動することが大切なのかもしれない。それだけでも自分の精神状態も行動も違ってくると思う。天候によって自分の気分が左右してしまうのは仕方のないことだと思うし、天候を自分の力で変えることはできない。でも、天候がどうであれ自分の精神状態や行動を調整することは、決して不可能なことではないはずだ。