読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

「話しかけづらい雰囲気」に注意する。

僕は人からあまり話しかけられることは多くない。それは例え話しかけられたとしても、口数が少ないからだと今までは思っていた。でも、もしかしたら話しかけづらい雰囲気を知らず知らずのうちに出してしまっているのかもしれないと、最近になって感じるようになった。だから、相手も僕に対して話しかけることを知らず知らずのうちに躊躇してしまうのかもしれない。

 

では、どうして話しかけづらい雰囲気を出してしまうのだろうか。それは心のどこかに「話しかけてほしくない」という気持ちがあるからだと思う。それはうまく状況に応じて話すことに自信がないからかもしれないし、あるいは僕が何か作業をしている時には会話もせずに集中して取り組みたいと思っているからなのかもしれない。いずれにしても、それが体の動きや表情に出てしまっているのだろう。

 

だから相手にしてみたら、僕に話しかけることを躊躇してしまうのだろう。僕だって穏やかではない雰囲気の人にはやっぱり話しかけたくない。でも、今までは自分がどんな雰囲気を出してたかを意識することは無かった。そのために、話しかけてくれなかった人に対して、僕を嫌っていたり見下していたりしているのではと一方的に思い込んでしまうことが多かった。

 

 でも、これはあくまで自分の想像にすぎない。だから、もし機会があったら僕が話かけづらい雰囲気があるかどうか相手に確かめてみたい気持ちがある。しかし、例え質問しても「そんなことないですよ」と言われてしまうのかもしれない。確か、この手の質問というのは、暗に自分もしくは相手が悪いと言っているように捉えられてしまう可能性があると思う。だから、この質問はいい質問とは言えないかもしれない。

 

そう考えると、「話しかけてくれるな」という雰囲気を出しているのかもしれないと自覚するだけでも今はいいのかもしれない。まずは自分を否定せずに認めてみることで、抱えてる問題に対して自然と前向きに動くようになることが必要だと思う。もちろん、自覚したからといってすぐに解決するものではない。でも、自覚し続けていれば、必要以上に落ち込んだり相手を憎んだりすることが確実に減っていくような気がしている。