読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

更新が止まったブログから、ブログを続けることを考える。

はてなブログには読者機能があるので、いくつかのブログは読者登録をして読ませてもらっている。当然、ブログをやる目的や生活スタイルも人それぞれなので、ブログの更新ペースもまちまちだ。数日に一度のブログもあれば、中には毎日更新するだけでなく、一日に数回更新するブログもある。そして、更新頻度が高いブログからは元気さを感じることが多い。

 

しかし、継続して更新し続けるブログがある一方で、以前より更新のペースが落ちたり更新が止まってしまうブログもある。こうして購読しているブログの更新が止まってしまうのは、読者としてはやっぱり寂しい。その中でも読んでいて面白いエントリが多かったり長い時間購読していたブログだったほど、寂しさは強く感じてしまう。

 

特に、ここ最近は長い間読者になっていたブログの更新が止まってしまうことが多かった。そして、更新が止まったブログタイトルを見る度に、寂しさとブログを継続して更新することの難しさを感じている。自分が読者になっているブログに限らず、1年続けているブログは多く見かけても、2年3年と続けているブログを見かけることはそう多くない。長い時間ブログを継続的に更新していくことは、決して簡単なことではないのだろう。

 

だから、現在継続して更新しているブログには、これからもできる限り続けてほしいと以前よりも強く思っている。新しいエントリを読むことは楽しいし、書いている側もエントリが更新できれば嬉しいに違いない。何より、親しみのあるブログの更新が続くことは、ブログを書いている僕にとっても大きな励みになる。

 

おそらく、ブログを長く続けている人は、ブログをやっていて楽しいと思えるような工夫をしているのだろう。もちろん、工夫の方法は人それぞれだけど、その工夫は文章や画像に出ているのかもしれない。もしかしたら、そういう視点でブログを読んでみると新しい発見があるかもしれない。そう考えると、ブログを書く楽しみとブログ読む楽しみ、この二つを感じることができるからブログを続けることができるのかもしれない。