読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

歯をケアすることの難しさと大切さ

先日、ようやく歯医者通いが終わった。期間にすると半年弱になった。それでも気になったところは全部治療できたから、今は通い続けて本当によかったと思っている。今まではどこか歯を気にしてたところがあったから、すごく気持ちも楽になったものだ。

 

それにしても、歯のケアは本当に難しいものだと思う。確かに、歯垢や歯石が無かったり歯茎が強かったりすれば歯の病気は起こりにくい。そして、それらの付着防いだり歯茎を強くするために歯磨きはある。しかし、歯茎に強い刺激を与えれば歯茎は傷ついてしまうし、逆に避けてしまえば歯茎は弱くなってしまう。そもそも、歯垢や歯石の付着を防げるような歯磨きができるという自信もない。むしろ、自分の力だけでは歯垢や歯石の付着を防げないのではないかとさえ思っている。

 

だから、一年に一回は歯医者に行って、歯垢や歯石を取り除いてもらうぐらいのことをした方がいいのかもしれない。とは言っても、実際にやるとなるとなかなか難しい話かもしれない。まず、実際に予約をとるのも一苦労だし、もちろんその分の費用もかかる。なにより、痛みや不便を感じていなければ、そこまでして行く必要性を感じなくなってしまうのではないだろうか。

 

おそらくそうなってしまうのも、歯垢や歯石を無くすことの大切さがまだ理解されてないかもしれない。実際に歯の話というと、虫歯や歯槽膿漏や見た目は話題になるけれど、歯垢や歯石を無くすことはなかなか話題に上らない。だから、これからは歯垢や歯石を取り除くことの大切さについて語れる場が増えてほしいと思う。そうなれば、歯垢や歯石を取り除いてもらうために歯医者へ行くことのハードルが下がっていくような気がするのだ。

 

昔のCMにあったように、やっぱり歯は命だと思う。歯の状態が悪ければ、体の他の部分にも影響を及ぼす可能性もある。だからこそ、歯垢や歯石を無くして歯茎が強い状態を維持できるかが大事になってくるのではないだろうか。確かに、歯垢や歯石を無くすことは地味に感じてしまうかもしれない。でも、虫歯や歯槽膿漏になって、多くの時間や費用を費やしてしまう状況になってしまうのも、その地味な対策を怠った結果とも言えるかもしれないと思うのだ。