読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

ブログに費やした時間は決して無駄にはならない

「ブログ」という言葉で検索したページを見ていたら、「書くのに時間がかかったブログは意外とアクセスや反応が多くなく、短い時間で書いたものほどアクセスや反応が多い」という内容の文章を目にすることが多かった。確かにそういうものかもしれないが、僕はその考えにはどうも馴染めない。なぜなら、ブログに時間をかけることで見えてくることもあると思っているからだ。

このブログのエントリを更新する時は、テーマを決めてから書き始めるようにしていて、大抵の場合は最初に決めたテーマで書けてしまう。しかし、途中から文章が全く思いつかなくなってしまうことに時々出くわしてしまう。

そうなったら、何とか文章をひねり出して完成に持っていこうとする。そういう時は自分が納得できる表現が見つかるまで、文章を書いては消しの繰り返しになってしまう。それを繰り返していくと完成につながることが多い。しかし、本当にどうしようもなくなって、テーマを変更して書き直したことも何度かあった。

こうしてテーマを決めても途中で文章が書けなくなったというのは、もしかしたらそのテーマについての明確な思いが、自分の中にまだ存在していないからだと思うのだ。思っていることがはっきりしていないから、文章という形で表現できないのだと思う。ただ頭の中で、思いがはっきりしていると思い込んでいるだけのような気がするのだ。

だから、文章が途中で思うように書けなくなって時間がかかっても、僕は決して悪いことではないだと思うのだ。なぜなら、自分の中でテーマが煮詰まっていなかったことがはっきりしたのだから。できそうだと頭で思っているのと、実際にできることはやっぱり別物なのだ。

そう考えると、ブログを書くということは、自分の思いを確認するのにいい機会なのかもしれないと思う。確かに文章が思いつかなくて考え込んでしまうと、時間もエネルギーも費やしてしまう。でも、自分が思っていることの明確さが見えてくると思えば、費やした時間もエネルギーも決して無駄にはならないと思うのだ。