読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

「診察を受ける」という勇気

先週土曜の夜から、真ん中の前歯の裏が痛み始めた。一晩明け日曜日になったら痛みがひどくなったので市販の塗り薬でしのぎ、月曜日になった今日、歯医者へ行ってきた。

診察の結果、歯周炎と診断され、歯茎周りの洗浄と患部に化膿止めを塗ってもらい、抗生物質と痛み止めとうがい薬を処方された。幸い深刻な症状ではなさそうなので、とりあえず一安心した。

こうして歯が痛くなったのは初めてのことではなく、一年前にも左前歯部の歯茎が痛くなったことがあった。その時は歯茎が腫れているという診断結果だった。原因は歯と歯茎との間に食べ物のカスがたまっているということだった。そして今回の歯痛の原因も一年前と同じだろう。改めて自分のブラッシングの甘さを痛感している。

一年前は応急処置的な治療で済ましてしまった。その結果、時々痛みが再発した。それでも痛みはいつの間にか治まり、ここ最近は左前歯部の歯茎は痛むことはない。ところが今回は違う部分で痛みが発生してしまった。また応急処置で済ましてしまうと同じことの繰り返しになってしまいそうなので、今回はしっかり治すことに決めた。

実は歯医者に行く前には痛みが幾分引いたので、歯医者に行くことを延期することも考えた。しかし、根本的な処置をしていないから、いつ痛みが再発するかという不安を抱え続けることになるし、次に痛み出した時にはもっと強い痛みに襲われるだろう。もしかしたら、我慢できない程の痛みに襲われるかもしれないし、発生した時間帯によっては何日も痛みと戦わなければならないのかもしれないのだ。痛みと戦っている状態で、果たして目の前のことに集中できるのだろうか?

確かに症状が軽いと、診察代と診察時間のことを考えてしまって我慢することを選択してしまいやすい。そうやって我慢を重ねた挙句に我慢できなくなって診察を受けたら、我慢した分だけ症状が悪化しているので、症状が軽い時よりも診察代も診察時間もかかってしまうだろう。

それならば、痛みを我慢する勇気よりも、症状が軽いうちに診察を受ける勇気を持ったほうがいいと思う。そのほうが深刻なことを言われる確率が少なくて、完治する可能性が高いだろうから、精神的に楽になれるような気がするのだ。