読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

「ブログの説明」の変更

この度、ブログの説明を「要領がつかめなくても、とりあえず文章を書いてみる。」から「思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。」に変更することにしてみた。

変更前の「要領がつかめなくても」というのは、はてなのシステムを使いこなせていなくても、という意味でつけたものだった。しかしブログを更新していく度に、はてなのシステムも少しずつ使いこなせるようになってきた。また同時にブログを更新していくコツも徐々につかめていくことができた。こうして要領もつかめてきたこともあり、日を追うごとにブログの説明を変更したい気持ちが強くなってきた。

今回の「思いがまとまらなくても」というのは、「テーマがはっきり決まっていなくても」、または「頭の中で明確な文章が浮かばなくとも」という意味合いである。もちろん「思いがまとまらない」のは今に始まったことではない。このブログを始めてからずっと続いていることである。

自分の中に何か表現したい欲が出てきたたら、まずは編集画面を開き、とにかく文章を打ち込んでみる。打っては消し打っては消しの繰り返しになりながらも打ち込んでみる。こうしてこの作業を繰り返していると、文章がうまくまとまり出す瞬間がある。そこからテーマが決まっていき、文章が決まっていき、タイトルが決まる。一通り打ち終えたらプレビューで仕上がりをチェックする。自分の中でしっくりいくまで何度もチェックする。終わった後はいつもヘトヘトだ。でも更新するとやっぱり充実感はある。当然のごとく、もっとスムーズにやりたい思いがいつも頭の中をよぎる。でもスムーズにできなかったらやらないのでは、いつまでたっても記事を更新することはできないだろうし、スムーズにやることもいつまでたってもできないだろう。

この「思いがまとまらない」というのはこれからも自分の中に存在するだろう。しかし、思いがまとまらないことをやらない口実とせず、一歩前に進み出すためにも「まずは文章を打ってみる」ことが大事なのだ。