とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

思ったこと・感じたこと

無理に意識しなくても、体は自分の望む方に動く。

最近、「やろうとすればするほど、やれなくなってしまう。」ということを感じている。きっかけは、速く仕事をやろうとするほど時間がかかってしまうことが多かったからだ。それをきっかけに振り返ってみたら、生活習慣を変えようとしてもなかなか変わらなか…

電話の相手は、担当者とは限らない。

今の職場では立場上、電話をとることが多い。その中でも、一番苦労するのが自分の担当業務外の電話だ。とにかく、どう応対していいのか迷ってしまうくらいならまだいいほうで、時には誰に取り次いでいいのかさえ分からない場合もある。しかし、こちらがそん…

休日なのに、戸惑いを感じるのは理由がある。

昨日から来週の日曜までGWの休みに入った。でも、その間には人と会う予定もないし、どこか行きたい場所もない。そのせいなのか、朝起きたら休みに入ったというのに何ともいえない気分になった。これから何をすればいいのか分からないから、体の動きも思い。…

人から言われたことは、あとから納得できることもある。

他人から話を聞いていると、内容に共感できたり納得できたりする場合もあれば、逆にそうではない場合もある。前者の場合は問題はないだろう。しかし、後者の場合だと言われた内容だけでなく、言った人に対して悪い印象を持ってしまう可能性があると思う。そ…

後片付けで、充実感は変わってくる。

最近、痛感していることがある。それは、後片付けをするのとしないのとでは、充実感が全く違うということだ。ここ最近、なんだかモヤモヤすることが多かった。そこでいろいろと振り返ってみたら、自分の部屋から仕事までやり散らかしにしたままにしてあるこ…

「少しは~してもいいかな」と思えると、行動もうまくいく。

僕は会社の中では事務的以外の会話をほとんどしない。とはいっても、話しかけられたら会話はするけれど、自分から話しかけることはほとんどしなかった。しかし、最近になって「少しは話しかけてもいいかな」と思えるようになった。それは、周囲の様子がつか…

本当に整理整頓がしたいなら、内側から始めてみる。

整理整頓をしたくなる時というのは、外にあるモノが乱雑に置かれている状態が不快に感じた場合に多い。そのせいか、外にあるモノが一旦整理できてしまうと整理整頓ができたように感じてしまうことが多い。しかし、外にあるモノだけを整理しても、しばらくす…

中途半端を、悪くとらえすぎない。

このブログでエントリを更新する時は、一回で書き上げてしまうことが多い。しかし、時には途中で思ったような文章にならなくて途中で止めてしまうことこともある。あるいは、頭の中ではあやふやになっているテーマをはっきりさせるために、軽い気持ちで少し…

他人のことを話すのは、自分のことを話すのと同じ。

他人を批判したり悪口を言ったりすることは、一般的には良くないこととされている。でも、見方によってはストレスの発散にもなる一面もある。だから、頭ではいいことではないと分かっていても、ついつい言ってしまいやすいものだ。それでも、できる限り他人…

「無理して決める」よりも、「自然に決まる」を目指す。

生活の中では、決めなくてはいけないのになかなか決められないことは多い。そして、どんなことでも決めたいのに決まらない状態というのは、どこか気持ち悪いものだ。だから、その状態から脱したいあまりに焦って無理やり決めてしまうことも多い。しかし、無…

「下手にやれる」環境を、大切にする。

上手な人は目立ちやすいけれど、下手な人もまた目立ちやすいものだ。そして、周囲は下手な人に対していろいろと言ってしまうものだ。確かにそれがきっかけで上手になることも少なからずあるだろう。でも一歩間違えると、周囲からいろいろと言われてしまうこ…

生活リズムを乱すも乱さないも、自分次第。

生活リズムが乱れてしまう時というのは、何かをする時間が無くなってしまうことで対応が後手に回ってしまうことが多い。そのために、悪循環になってしまって生活リズムを立て直すことさえ難しくなってしまう。さらに、そういう時というのはやる気もあまり起…

心が疲れていることに、向き合ってみる。

ここ数日、どうも気力が湧かない感じがする。そして、理由として考えられることがいくつかある。暑さがある程度収まったことで夏の疲れが出てきたのか、あるいは曇りや雨の日が続いたことで単に気分が優れないだけなのか、それとも他人とうまく意思の疎通が…

確率が判断の決め手になるとは限らない。

物事をやるにしてもやめるにしても、判断材料として確率が使われることが多い。特に、ネットが一般的になってからは、確率を根拠として「〇〇したほうがいい」とか「〇〇するのは良くない」結論づける類のものをよく目にするようになったような気がする。特…

思ってもいないことを表現するのは、人を遠ざけやすい。

ブログでエントリを作成していると、文章が快調に進んでいくこともあれば時間の割に文章が進んでいかないことがある。そして、文章が快調に進んでいく場合というのは、思いが頭の中で明確になっていることが多い気がする。一方、文章がなかなか進んでいかな…

頭の中にあるものを、目に見えるようにする。

「やるべきことが多くなってしまった時には、紙に書きだすといい」ということをよく耳にする。そして、大人になるほどそれを実践しているほどが多いように感じる。実際にやるべきことを紙に書き出してみると、その後の作業が順調に進むことが多いように感じ…

夏の暑さで、些細なことでも苛立ちやすくなる。

8月に入って暑い日が続くようになった。そして、暑い日が続くようになったと同時に、些細なことでもイライラするようになってきた。他の人の車の運転やテレビから流れるニュースや天気予報の言い回しに腹を立てたり、あるいは自分にとって思うようにいかなか…

「話しかけづらい雰囲気」に注意する。

僕は人からあまり話しかけられることは多くない。それは例え話しかけられたとしても、口数が少ないからだと今までは思っていた。でも、もしかしたら話しかけづらい雰囲気を知らず知らずのうちに出してしまっているのかもしれないと、最近になって感じるよう…

簡単そうなことから手をつけて、物事を確実に処理していく。

仕事でも何かの手続きでも、やることが多くなってしまう時がある。しかも、そういう時ほど内容が理解できなかったりやり方が複雑だったりする。だから、時間が進んでいっても処理が全く進んでない状況になりやすい。そうなると、焦ってしまうことでますます…

ウオーキングですれ違った人から感じたこと

僕は、週末になると車で10分くらい着く公園に行く。そして、ウオーキングコースを2周ほど歩く。その公園は比較的広くまた立地条件がいいせいか、多くの人が利用している。さらに、その公園にはバスケットコートやテニスコートもあって、僕が行くとバスケット…

寝る時間と起きる時間に気を使って、生活リズムを好転させる。

ここ最近、生活リズムが乱れているように感じている。特に寝る時間と起きる時間が安定していないような気がする。気になるのが、何となく起きてしまっているために出だしからつまづいてしまっているように感じることだ。そのために、メリハリもなくズルズル…

誰かを紹介するには、お互いのためになることが大事。

社会に出ると、「こういう人がいるんだけど会ってみない?」という感じで出会いの話が来ることが多い。確かに、社会にでれば新しい出会いも学生の頃よりは減ってしまうから、自然とそういう流れになってしまうのかもしれない。ところが、僕はいきなり誰かを…

近くにいてもすれ違ってしまう人に、悪い感情を抱かない。

人が仲良くなれる理由の一つに、同じ場所にいる時間が長いことがあると思う。同じ場所にいるからこそ、会話する機会も多くなることによっていい関係を築きやすくなるのかもしれない。さらに、同じ場所にいることによって自然と親近感がわきやすくなることも…

人に会いたい気持ちがないことを、悪くとらえすぎない。

ブログを続けていると、新しいエントリの作成が順調に進む場合とそうでない場合に分かれることがある。特に最近は、誰かと出会ったことで感じたことをテーマにした時に、エントリの作成が順調に進むことが多い。ということは、それだけ人と接することで思っ…

押しの強い人の標的にならないために

前回のエントリではあるスポーツの誘いを断った経緯を書いたけれど、相手に断りの連絡を入れるまでの間にあることを感じた。それは、自分が誘いがきたら断れない雰囲気を知らず知らずのうちに出していたのかもしれないということだ。というのも、その場には…

なぜ、5月は体調を崩しやすいのか。

数日前から風邪をひいてしまった。朝起きてなんか体がだるいなと思っていたら、次第にのどが痛くなった。今はのどの痛みはおさまったものの、軽いせきがでる状態になっている。睡眠時間をいつもより多くとるなどして早めに対処したことで、風邪がひどくなる…

「たら」「れば」の使い方は、その人の生き方に表れる。

よく「たら」「れば」は言わないほうがいいと耳にする。確かに「たら」「れば」を連発する人の話を聞いていると、こちらのテンションも下がりやすくなる。というのも、「たら」「れば」という言葉には「あんなことをやらなかったら、こんなことにはならなか…

今いる場所から離れて、気分転換を図る。

僕は、1日のうちどこかで外出することが多い。外出するといっても、買い物のような明確な目的を持ったことよりも気分転換が目的になっていることが多い。最近は車で20分くらいの距離にある公園へよく行く。この公園では1周1kmほどのウォーキングコースがある…

落ち着いて運転をすることで、気持ちも落ち着かせる。

僕は生活の中で車を使うことが多い。そして、落ち着いて運転できる時もあれば、ささいなことに過剰反応してしまって、心穏やかな状態で運転できない時もある。今までを振り返ってみると、落ち着いて生活できている時は十分な車間距離をとりやすく交差点でも…

全力で走る必要がないところは、全力で走らなくてもいい。

車を運転していると、目の前の信号が赤なのに猛スピードで走っている車を見かける。そして、信号まで来るとあわてて急ブレーキで止めていることが多い。そのような走り方をしていれば事故を起こしかねないのはもちろん、燃費やブレーキにも悪影響を与えてし…

経験を増やすことで、迷いを減らしていく。

この間免許の更新に行ったら、講習用の資料の中に「判断に迷いがあるのは、運転時間の少なさによる自信のなさが原因かもしれません」というようなことが書かれていた。僕はその部分に目を通してから、その部分が頭から離れなかった。というのも、このことが…

小さいことでも簡単なことでも、まずは何か一つを終わらせる。

やらなくてはいけないことが多くなってしまうと、対処が後手に回ってしまいやすい。後手に回ってしまうことによって期限までの時間も少なくなってしまうので、見落としや勘違いをしてしまいがちになる。そうなると自分の手でやるべきことを増やしてしまうこ…

分からないことを聞いて、周囲に溶け込んでいく。

誰かに分からないことを聞くのは、必要だとは感じても躊躇してしまうことは多い。特に、相手が「そんなことも知らないのか」や「今忙しいのに」というような対応をされてしまうと、それがトラウマとなってますます躊躇してしまいやすい。そうなってしまうと…

初めてやることに、緊張や不安はつきもの。

僕は初めてやることに対して、緊張や不安を感じてしまうことが多い。今まではその緊張や不安が表情にも表れてしまって、「緊張するな」とか「もっと自信を持って」と周囲から言われたことが多かった。そして、周囲から緊張や不安を指摘されることが嫌になっ…

無理を続けるよりも、無理をしない方法を見つける。

何かの作業でも人つきあいでも、それまでは何とも思わなかったのに突然しんどいと感じたり面倒に感じてしまったりすることが時々ある。今までは、はっきりと理由がつかめずにいた。でも、最近は無理を続けていたからだと思うようになった。必要以上の負担を…

連絡手段は違っても、相手の時間を使っている。

僕の周りには連絡手段をLINEを使う人がいる一方で、電話だけを使う人もいる。そして、LINEを使う人は電話よりも楽だと言い、電話を使う人は文章を打つよりも電話の方が楽だと言う。確かに、LINEは相手と直に接していないから、文章を考える時間はとりやすい…

順番通りの対応は、相手は安心させる。

コンビニを利用すると、レジが1つしか開いてなくて順番待ちをすることがよくある。そして、何人もレジに待っている状態になると、もう一つのレジが開くことがある。そこで「次で待っているお客様こちらへどうぞ」と言って誘導されると、嬉しいと同時にホッと…

親切を、無理してまでしない。

自分から物を持つのを手伝ってあげたり席や道を譲ったりするといった「親切」は、やったほうがいいことだとされている。親切をしたほうがいいのは、もちろんその行為が相手のためになるからだ。そして、僕も最近までは、親切は相手のためになるものだと思っ…

サイドミラーをたたむことで、自分も周りも大切にする。

車を運転していると、道路の端に停車中の車の横を通ることがある。その際、サイドミラーをたたんでいる車を見かけることがある。特に、大手の運送業の場合は必ずといっていいほどたたんでいる。おそらく、他の車にサイドミラーをぶつけられてしまうのを防ぐ…

コンビニで、「袋がいらない」ことを上手に言いたい。

僕はコンビニに行ってもいろいろと買うことはほとんどなく、缶コーヒーかペットボトル飲料を1本だけ買うことが多い。そして、買った飲みものはすぐに車のドリンクホルダーに置いてすぐに飲みはじめる。そのため、飲みものを1本だけ買ったときには、レジ袋に…

必要に迫られて探しても、いいものは見つかりにくい。

僕は自宅で何か作業をする時には、音楽をかけることが多い。そうしていると、手持ちの音楽に飽きてしまう時があって、何かいい曲はないかとラジオや動画から新しいものを探すことがある。しかし、そうやって懸命に探しているときほど、「これだ!」というも…

最小単位で買って、効率のいい出費を目指す。

今日、ユニクロへ行ったら、靴下が1足290円で売られていた。それを見て僕は嬉しくなった。というのも、ちょうど靴下を1足だけ欲しかったからだ。そして、生地が気に入った1足だけを買って帰ってきた。今までは、多くの服屋では3足で〇〇円として売られている…

早く手をつけた時に注意すること

何かをやろうとした時、それに費やす時間が足りないことに時々遭遇する。そういう場合というのは、やっている間はストレスを感じやすいだけでなく、仕上りも満足いくことが少ない。そのため、早めに手をつけることで費やす時間を確保することが大切になって…

着る時間を増やして、服を体になじませる。

季節の変わり目というのは、新しい服を買うきっかけになることが多い。そういうこともあって、ボタンシャツを1着とアウター1着、それにTシャツを2着を少し前に買った。これらの服は外出用として使うつもりでいる。そのため、もし外出する機会が少なければ、…

近いところにあるほど、使う頻度は高くなる。

先日、タンブラーを買った。目的は、部屋に居るときに水分をしっかり取るためだ。昔は一日中何も飲まなくても平気な時もあった。でも最近では、しばらく水を飲まないと体が疲れやすくなるように感じ始めた。だからと言って、こまめに水分をとるために部屋と…

無理やり新しいことをやっても、気分が上がるとは限らない。

ここ数日、どうも気分が上がらない上に、何かをやろうという気持ちにもなれない。おそらく、自分の状況がとりあえず一段落したことや、天候がスッキリしないからなのかもしれないけど、はっきりとした理由は見つからない。そして、このようなことは今までに…

確認をすることで、一方的な行動を防ぐ。

以前レジにおいて、お金を払い終わっていないのに店員がレジに金額を打ち込んでしまうことが何度かあった。店員側からすれば、払っていくお金の種類を見ていくことで払う金額が推測できたからなのかもしれない。しかし、それをされた度に僕は嫌な気持ちにな…

1回に1つのボールを投げて、相手も自分も楽にする。

会話というのは、キャッチボールに例えられることが多い。どちらかが言葉を一方的に投げ続けたり、相手が受け止められないような言葉を投げたりしていれば、いい会話はできないはずだ。そして、キャッチボールでもう一つ大切なのは、1回に1つのボールを投げ…

自分の目で見ることを、大切にする。

僕は時々、図書館に行くことがある。そして、図書館の中に入ってみると、いろいろな人がいることに気づく。読書をしている人や新聞を読んでいる人もいれば、勉強している人もいる。さらに、学生から年配の方まで年齢層の幅も広い。こうしてさまざまな形で図…

「嫌いでもないけど好きでもない」気持ちを大切にする。

会話が食べ物の話になると、話している相手から「〇〇は好き?」と聞かれることが多い。そういう時、僕は「嫌いではないけれど、自分からでは好んで食べるほどでもない」と答えることがある。そして、そんな嫌いでもないけど好きでもないような気持ちを抱く…