読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、やってみる。

思いがまとまらなくても、まずは文章を打ってみる。

休日なのに、戸惑いを感じるのは理由がある。

昨日から来週の日曜までGWの休みに入った。でも、その間には人と会う予定もないし、どこか行きたい場所もない。そのせいなのか、朝起きたら休みに入ったというのに何ともいえない気分になった。これから何をすればいいのか分からないから、体の動きも思い。そして、外出する場所も気持ちもないから、ただ家でボーッとしていた。気持ちはさらに窮屈になる一方だった。

 

でも、振り返ってみたら、土日以外でまとまって休むのは正月以来のことだった。月曜から金曜まで出勤して土曜日曜を休むの繰り返しになっていた。だから、体のサイクルもそれに慣れきってしまったのだろう。それが週の途中で変わってしまったのだから、心も体も知らず知らずのうちに戸惑ってしまったのかもしれない。そして、そんなことを考えていたら、納得できたのか気持ちが少しづつ落ち着いてきた。

 

こうして、本来会社にいる時間帯に何かをやるわけでも無いのに家にいれば、戸惑ってしまうのは自然なことなのかもしれない。さらに、普段の土日さえ外出してしまうことが多かったから、家で何をしたらいいのか余計に分からなくなってしまったと思う。いきなり生活リズムが変わってしまえば、戸惑ったり不安になったりするには自然なことなのだろう。そう思うことができたから納得できたのかもしれない。

 

そういえば、まとまった休みに入った途端に、心と体が戸惑ってしまったことは以前にもあった。以前は、心と体が戸惑っているとは思えなかった。逆にせっかくの連休を無駄にしてはいけないという気持ちが強すぎて、焦って無理やり行動していた。結局、無理に行動したために余計に疲れてしまったような感じがした。でも、今回は戸惑った理由も分かったし、納得もできたから無理に何かをすることも無いような気がしている。

 

こうして戸惑いを受け入れらるようになったら、体を動かしに公園に行ったり生活用品を買いに行ったりと、少しづつやりたいことが出てくるようになった。家ではパソコンのファイルの整理やカスタマイズを少しづつやっている。そんなことをやっていたら、連休の二日目の夜になった。ここまで心穏やかに過ごせているので、残りのこの調子でいきたいと思っている。